悩みを解決に

対処するため

うつにならないための対処法

うつ病はストレスのためすぎが一番の原因といわれています。つまりうつ病の予防はストレスを溜め込まないことが一番重要だといえます。生真面目で物事に熱心な人ほどなりやすく、逆に楽観的で物事を深刻にとらえない人はなりにくいとされています。では、前者のような人がうつ病にならないためにはどうすべきか。考え方や意識はなかなか変えられないないものです。そこで、たとえばスポーツをするなどして発散することが一例として挙げられます。また、睡眠不足もうつ病の一因とされています。睡眠時間は十分にとり、不足したときは昼間でも仮眠をとるなどの対策があります。食事に関しても予防法があります。うつ病の発症にかかわるセロトニンはたんぱく質に多く含まれます。卵や肉類などたんぱく質の過剰摂取は避けるようにすべきです。

うつ病になってしまったら

心療内科で診察を受けるほかに自分自身でできることは何か。たとえば「まあ、いいや」という言葉ひとつでずいぶん違います。「まあ、いいや」と言うことによっていろいろなことを受け流し、物事に妥協できるようになります。うつ病の原因はストレスですから、ときにはがんばりすぎずに妥協し、ストレスから自分自身を解放するのもうつ病を改善する手立ての一つです。また、いろんな問題に向き合うことをやめることも必要です。諸問題からいったん離れ、逃げてしまうのもひとつの手立てです。問題を解決するのは後回しにしてもかまわないのです。心が落ち着き、精神状態が安定してからゆっくり考えればいいのですから。「写経」を書き写すことなどもよいとされています。意味のよくわからないことを書いている間は何も考えずにすむからです。