悩みを解決に

休息を取る

十分な休養をとることが大切

普段の生活の中でストレスを感じることもあると思います。また、気持ちが落ち込んだり憂うつな気分になったりすることもあると思います。しかし、気分転換をしたり時間が過ぎることで、気持ちの落ち込みや憂うつな気分は自然に回復します。 うつ病は気分や感情、意欲、思考などの障害を示す精神症状とともに、食欲不振や不眠などいろいろな身体症状を示す病気です。また、起きる仕組みや原因がはっきり解明されていないので、分からないことの多い病気ですが、環境的な原因によるストレスやその人がもともと持っているうつ病になりやすい性質が関係している言われています。 うつ病の治療は、薬による治療と並行して十分な休養をとることが大切です。また、考え方などを見直す精神療法を組み合わせた治療を行うのも良いです。

うつ病には抗うつ薬が有効

うつ病は心の風邪と呼ばれているほどなので、大切なのは少しでもおかしいと感じたら精神科医や心療内科医で診てもらうことです。また、主治医の先生などのカウンセリングを受けるのも良いと思います。 うつ病には抗うつ薬という種類の薬が有効です。抗うつ薬は、うつ病の症状の原因となっている脳内情報伝達物質のバランスの乱れを調整する作用を持っています。ちなみに主に使用されているのは、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、三環系抗うつ薬などです。 うつ病は、はっきりとした検査値などがないので気付くのが遅くなりがちです。また、周りの人から性格の問題だと思われたりすることもあります。ですが、専門医に診てもらい適切なケアをすれば、うつ病は治る病気です。